(厄除け・厄払い)厄年三年祓

新型コロナウィルス感染拡大の影響を鑑み、ご来宮されずに郵送での祈願も承っております。
※現金書留か振り込みにて御初穂料をお送りいただき、神職が祈願を行った後、御神札(おふだ)や御守をお送り致します。
詳しくは⇒郵送での御祈願についてをご覧ください。


古きより、人の一生のなかで災厄が多いとされている年齢を厄年といいます。
これは私たちのご先祖様が積み重ねてきた経験をもとに、この年齢の頃には精神的・社会的・身体的に変化を起こしやすく、注意を払い、慎むことが必要とされてきたことによります。
神様のご加護をいただき、日々を健康に安全に過ごせるよう、神社にお参りをして厄年のお祓い(厄除け・厄払い)をします。

ご家族お揃いで、又お友達、同僚の方と、そしてご本人様おひとりでもご参拝いただき、お祓いをお受けくださいませ。



令和4年(2022年) 厄年三年祓(前厄・本厄・後厄)表

男性
前厄本厄後厄厄明け
平成28年生
(2016年)
7才
さる
平成22年生
(2010年)
13才
とら
平成11年生
(1999年)
24才
平成10年生
(1998年)
25才
とら
平成9年生
(1997年)
26才
うし
平成8年生
(1996年)
27才
ね(ねずみ)
昭和57年生
(1982年)
41才
いぬ
昭和56年生
(1981年)
42才
とり
昭和55年生
(1980年)
43才
さる
昭和54年生
(1979年)
44才
ひつじ
昭和38年生
(1963年)
60才
昭和37年生
(1962年)
61才
とら
昭和36年生
(1961年)
62才
うし
昭和35年生
(1960年)
63才
ね(ねずみ)
女性
前厄本厄後厄厄明け
平成28年生
(2016年)
7才
さる
平成22年生
(2010年)
13才
とら
平成17年生
(2005年)
18才
とり
平成16年生
(2004年)
19才
さる
平成15年生
(2003年)
20才
ひつじ
平成14年生
(2002年)
21才
うま
平成3年生
(1991年)
32才
ひつじ
平成2年生
(1990年)
33才
うま
昭和64年・平成元年生
(1989年)
34才
み(へび)
昭和63年生
(1988年)
35才
たつ
昭和62年生
(1987年)
36才
昭和61年生
(1986年)
37才
とら
昭和60年生
(1985年)
38才
うし
昭和59年生
(1984年)
39才
ね(ねずみ)

※年齢は、数え年による


厄年(前厄・本厄・後厄)を平安に過ごされましたら、厄明け(御礼)の祈願を受けましょう。大神様に感謝し、新たなご神徳を戴いてください。
※数え年は、各人の満年齢に、今年の誕生日前には2才、誕生日以後には1才を加算します。
広島東照宮へのご相談・お問い合わせは、お電話で。
「御祈願」受付時間はこちら
「御祈願」受付時間はこちら